RSS
Admin
Archives

passo a passo

3人のコドモとの育児日記。 handmadeもちょこっとずつ・・・

プロフィール

ショーコ

Author:ショーコ
3人のコドモとパパとの5人家族。
毎日ドタバタ・・・ワーキングマザーです!

仕事に育児に趣味のハンドメイド。
忙しさに酔いしれる日々。笑

はじめましての方も、おともだちの方も、お気軽にコメントどうぞ!

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ランキング参加中です。ポチッとお願いします♪
コドモたち成長中♪
script*KT*
最近の記事&コメント
最近のトラックバック
カウンター
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog People
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.04
25
この春、小学生になったムスコくん。

大変不安定になっております。

前から気難しい・・・というか、ガンコというか、マイペースというか。
一度へそを曲げるとなかなか手のかかる場面が多いのですが、そんなことが頻繁に日々、起こっています。

今朝なんて、

「早く着替えちゃいな~」

に対して、ぷいっとそっぽ向き、

そのまま外に飛び出して、けっこう遠くまでずんずん歩いていってしまいました。

たっくを保育園に迎えに行ったときに、昨年ののんの担任の先生がいらしたのでこのことを話したら、

「のんちゃん、がんばっているんですね」

と言われました。
そうか。日々学校生活を送る中で、いろいろ彼なりに我慢とかしているんでしょうね。
それが家で噴出しているのでしょう。

でもね、果たしてどこまで容認すべきか・・・
なかなか奥深いですよ、これは。

「小1プロブレム」なんて言葉もありますが、大人が思っている以上に、子どもはストレスを抱えているのかもしれません。

うーーーーん。
どうしたものか。
こんな時に限って私自身の仕事も昨年以上の慌ただしさで。

小1ムスコの荒れと働く母の悩みは解決の糸口を見つけられずにいます・・・




スポンサーサイト
2013.04
10
昨日、小学校の入学式が行われました。
このあたりの地域では、8日が入学式・・・ってところが多いと思うのですが、うちの小学校はずっと前から9日なんです。ま、いいんですけど。

昨日の朝、ムスコに聞かれたんです。

「入学式の練習ってしないの?」

確かに保育園の卒園式は練習に練習を重ね・・・でしたからね。
なので、いきなり本番ってちょっと不安だったようです。
でも、そんなことに気がまわるようになったんだぁ~と、母的にはちょっと成長を感じました。

式の後、体育館でクラスの記念撮影があったのですが、1年生26名を一斉にカメラに向かせるって至難の業・・・カメラマンさん、若干イライラモードでしたよ。失笑・・・

その後、教室で学活。
最後の方だけ教室の中で一緒に参加しました。

DSC08590.jpg

1年生の教室って本当に何もかも小さく見えます。
ガリバーになったみたい?笑
明日からこの教室で毎日勉強するんだね。

そして今日。
初登校です。(春休み中も学童で毎日学校には行っていましたが・・)
この日くらいムスコを見送ってから私も出勤・・・なんてことはやっぱり無理なので、寝起き早々に写真だけ撮ってみました。

DSC08593.jpg

実は超ぶ~たれてます。笑
なんだか前日の疲れが抜けないようで、ものすごくだる~い空気でした。

本来なら1年生は午前中だけで下校・・・ですが、のんはそのまま学童へ直行。
学童にたどり着いた時には、フラフラで立っていられないくらいだったそうです。

「学校、ものすごーーーーーーく、がんばったんだね」

と声をかけたらニヤ~っとしていました。

今日は、下駄箱の靴の入れ方や、トイレの使い方を教わったそうです。よく聞いてみるとものすごくこと細やかに・・・でも、そうやって細かく教えていただけるから、これから先の学校生活をみんなで楽しめるようになるわけで。先生、ありがとうございますです。

入学グッズもつくりました。
かなりギリギリの段階で・・・これについてはまた次回!

2013.03
17
昨日は、4年間通った保育園の卒園式でした。

DSC08468.jpg

「借り物のスーツ」に身を包み、はしゃぎながらも、どこかいつもと違う雰囲気だったような・・・

卒園児27名。
名前の順だと、一番最後のムスコくん。
入場はなんだかみんな駆け足気味だったのに、一番最後に堂々と?ゆっくりと落ち着いていました。泣くつもりはなかったのに、その姿を見てちょっとウルウル・・・(T_T)

証書授与の後には、子どもたち一人一人が証書を掲げて「大きくなったらなりないもの」を言う場面がありました。お花屋さん、ケーキ屋さん、サッカー選手・・・なんて子どものらしいものもあれば、研究者!捜査官!なんて子もいたり、ある女の子は「大好きなパパのお嫁さん」と言っていました。でもね、何を言うかよりも、みんなの前で大きな声で伝えられることが大きな成長だと思います。

みんな、大きくなったね。

お別れの言葉・・・卒園児がみんなで1年間の思い出を振り返ってくれたのですが、途中から女の子が1人、2人・・・と号泣し始め、女の子は全員泣いていたでしょうか。そして男の子も、ムスコともう1人、涙をホロリとしていました。後で聞いたら「なんで泣いちゃったかよくわからない」とは言っていましたが、母としてはああいう場面で涙を流せるってホッとしました。

いろいろなことを感じられる力がついたんだね。

下のムスコも在園児として式に参加しました。
式の最後に、保護者と在園児と先生方で花道を作って、卒園児は1人1人と握手で退場だったのですが、兄弟で握手をしている瞬間・・・本当に一瞬だったけど、今でもその姿がはっきりと思いだせます。特別な瞬間でした。

記憶の限りでは、「保育園に行きたくない」と言われたことは一度もなく、お呼び出しも数えるほどしかなかったし、トイレトレもお任せしっぱなしだったし、本当に「保育園さまさま」の4年間でした。
安心して働けるのも、子どもが楽しそうに保育園に通ってくれたから。

卒園児は全員同じ小学校に行くので、全然お別れではないのですが、やっぱり卒園は大きな節目ですね。
でもとりあえずは3月いっぱいは保育園に通い、4月からは入学もしていないうちから学童に通います。

まさに激変です・・・

でも、学童にはお姉ちゃんも通っているし、保育園のお友達もほとんど入るし、きっと大丈夫なはず!
ムスコの力を信じましょう。

もっとこうなってほしい・・・という願いはたくさんあるけれど、それは親が勝手に思っているだけであって、本人の成長のペースを尊重することも大事ですよね。っていいながら、それってものすごく難しいんですけど。笑!

でも、少しずつかもしれないけど、成長していることは確かです。
見守りつつ、支えつつ、時には軌道修正しつつ・・・
新しいスタートラインに立つ準備を一緒にしようね。

のん!卒園おめでとう!!
2013.03
13
本日、のんが6歳の誕生日を迎えました。

DSC08385.jpg

お祝いは週末にしたので、今日はいたって普通の生活でしたが(・・;)

子どもの誕生日のたびに思うのですが、私にとっても記念日です。
3月13日は、のんの誕生日であることと、もうひとつは「2人の母」になった日でもあります。
当時は最後の出産になると思っていたし、2人の子どもを育てていくんだ~と思っていましたが、3人目が生まれ、のんはいわゆる「2番目」という立場となったのでした。

私自身、妹と2人姉妹なので、まずは「男の子」というものがピンとこなかったし、3人姉弟というものも想像できず・・・そんな私から見ていても、やっぱり「2番目」というポジションはなかなか複雑な立場にあるように思えます。

彼は基本、マイペースですね・・・
でも、そうでないとやっていけないのでしょう。笑
ものすごくたっくに優しいかと思えば、すぐに意地悪をして泣かせてみたり・・・
いつも揺れ動いていて、見ているとヒヤヒヤすることが多いです。

本当に、家では叱られることが多いけど、保育園でのトラブル報告は全然ないので、きっとお友達とは仲良くやれているのだと思います。クラス内ではいちばんお誕生日の遅いのんですが、みんなを取り仕切る場面もあったりするそうで、自分らしさを出せているようです。

「いくつ?」

と聞かれたら、もう片手じゃ足りなくなっちゃたんだね。
早いなぁ。

4月からは小学生になります。
きっとまた新しい世界で、楽しいことがたくさん待っているよ。
素直な気持ちで、まっすぐ伸びろ~伸びろ~!!!




2012.12
02
のんはまだ、「補助輪なし」で自転車に乗れません。
年長さんで男児。誰よりも活発?なので、すぐに乗れるようになると思っていたんです。

そんなにうまくはいかないですね。。。。。

先週、ちょっと家の前の道路で補助輪を外してペダルをこいでみたら、いきなり少し乗れたんです。

「これはいいぞ!」

と思ったのもつかの間。ペダルを踏みだす位置とか、タイミングとかが必要以上に気になるらしく、その後はなかなかはじめの一歩が出せず、そんなこんなしているうちにイライラと不安感が募ってきてしまい

「もう、やだ!」

結局くじけて断念。
今週末もパパに「練習しようよ」と言われていましたが、ダメでした。

完全にくじけモード。
でもさ、これから先、こんなことって山ほどあるよ。
そんな時にしっかり「がんばり」がきくように、今回のことも越えてほしい。越えた後に待っている楽しさを知ってほしい。

うまくサポートしてあげればいいのは分かっているんですけどね。
ついついこちらも焦ってしまい、言葉もきつくなってしまったり。
いけない、です。ほんと。

でも、乗れるようになるタイミングってありますよね。
そこまで待ってあげるのも親の仕事ですかね。
もっとゆったり構えなきゃ・・・・ですかね。
大人のほうが余裕ないのかも(・_・;)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。